わかてん リンク集

リンク集

和歌山県の天文に関係するサイトへのリンク集です。

生石高原天文台
有田郡有田川町、標高870メートルの生石山に位置する、口径50cmの反射望遠鏡を備える天文台です。
かわべ天文公園
日高郡日高川町にある、3ヘクタールもの広い緑の丘が一面に広がる天文公園。口径100cmの望遠鏡と、直径11メートルのプラネタリウムとを備えた施設です。最寄り駅(JRきのくに線和佐駅)から徒歩でたどり着けるのも魅力。
第五管区海上保安本部 下里水路観測所
東牟婁郡那智勝浦町にある、海上保安庁の持つ4つの水路観測所の1つ。海上保安庁刊行の天体暦 (天体位置表) の精度維持・向上を目的として、口径62cm反射望遠鏡で星食を観測する業務を行なっています。
西貴志コミュニティーセンター
紀の川市にあるコミュニティーセンターのひとつ。1999年オープンの新しい施設で、口径40cm反射望遠鏡があります。
みさと天文台
海草郡紀美野町にある天文台。県内最大、口径105cmの反射望遠鏡での観望会が楽しめます。インターネットを使った天文教育活動にも熱心に取り組んでおり、星空ライブ映像の配信や様々な天文現象の生中継を行っている実績があります。
和歌山市立こども科学館
こどもたちの科学への興味と認識を深め、夢を育てるための施設として開館した、和歌山市にある科学館です。市街地の中心部にあるため交通の便もよく、親子で気軽に利用できる施設です。プラネタリウムを備えているほか、親子向けの天体観察会も行われています。
和歌山大学
和歌山市にある国立大学法人。教育学部の屋上天文台には60cm反射望遠鏡が設置され、学生教育、研究、大学公開に活用されています。システム工学部ではリモート天文台・気象台の開発研究を行っています。クリエは公開天文台ネットワークに加盟し、工作室は天文のみならず、科学・技術の研究・教育普及に関する様々な活動拠点になっています。
和歌山星空再発見プロジェクト
和歌山県内の天文施設関係者が中心となり、和歌山の天文に関係する情報を収集・発信している団体です。天文史や星にまつわる伝承などを主な調査対象としています。1999年には「わっ!かやま星☆空マップ」というパンフレットも作られました。
てんたま
「てんたま」とは「天文学者のたまご」のこと。天文・気象などを中心に自然科学一般に興味を持つ主に関西地方の学生が、お互いの情報交換および個々の知識・スキルの向上を目指している、学生の学生による学生のための集まりです。わかてん参加の学生さんも参加しています。
天プラ
「天文学とプラネタリウム」略称“天プラ”は、天文学の普及を目指しているプロジェクト。天プラが目指すのは、専門を異にする人々がそれぞれの特徴を活かし協力することによって、これまでにないアイディアで楽しく普及活動が行われること、そしてそのための機会を提供することです。“楽しい天文学普及”という共通目的の下、様々な普及活動が行われることを目指しています。
NewEar
和歌山大学生涯学習教育研究センターで2005年9月1日に発足した「宇宙教育研究ネットワーク」プロジェクト。大学と公開天文台の共同による研究・開発、市民講座の開催、学生教育を進めていきます。
©WAKA-TEN < wakaten-admin@ cosmo.novels.jp >