サイトマップ | プライバシーポリシー

Webページ・Webサイトの公開方法

学内のサーバ上でWebページを公開する方法を紹介します。Web公開にあたって以下の注意事項をお読み下さい。

  • 公開する内容については法律を順守し、公序良俗に反する内容や他人の著作権などの権利を侵害することがないこと。
  • 設置するファイルやスクリプトについて、定期的に最新のセキュリティパッチを適用し、個人が責任を持って管理すること。
  • サーバ内で提供するプログラム等は学術情報センターで一元管理しますが、個人でセキュリティ等を維持出来ない場合や外部からの攻撃に利用される可能性などの問題を確認した場合は、公開を停止することもあります。

個人で作成したWebページを公開するには、下記の3つの方法によって、comサーバ上の個人ディレクトリにHTMLファイルを置くことで可能となります。

URL 利用者 アクセス制限
http://com.center.wakayama-u.ac.jp/~ユーザ名 制限なし 学内からのみ
http://www.wakayama-u.ac.jp/~ユーザ名 教職員(「ウェブ公開設定」) 制限なし

Webページを学外にも公開できるのは、本学教職員のみに制限しています。

公開を希望する場合は、【ウェブの公開設定】において、公開設定を変更して下さい。(ユーザ認証が必要)

※どちらのサーバも各ユーザのホームディレクトリにある public_html を参照します。 但し、セキュリティ上の理由により、www.wakayama-u.ac.jp への一般ユーザのログオンは制限していますので、CGI や PHP 等の動作確認は、com で行なって下さい。

なお、自分が公開しているWebページのアクセスログは簡単に取得することが出来ます。 【ウェブのログの取得】において、確認したいログファイルを選んで[表示]を押して下さい。(ユーザ認証が必要)

  • 「access_log」が自分のWebページ(ファイル)全体へのアクセスを記録したログファイルです。
  • 「~_log」はその週の日曜から[表示]を押した時点までのログ、「~_log.1」は1週間前の日曜~土曜のログ、「~_log.2」は2週間前の日曜~土曜のログ…、が表示されます。(4週間が経過すると削除されます。)
  • 記録したログが全く無い場合は、真っ白のページが表示されます。

学内の公式ページとして、各組織等のWebサイトを学術情報センターのWebサーバ上で運用・公開することを希望する場合は、Web公開用領域の割当管理申請書を申請して下さい。

演習室やOSLの端末でHドライブ内を操作する場合

WindowsXPの起動後、[マイコンピュータ]から[Hドライブ]を開き、 「public_html」フォルダを新規に作成し、そのフォルダ内にHTMLファイル等を保存して下さい。

Hドライブ

FFFTPソフトを利用する場合

接続先ホスト名(サーバ)を「com.center.wakayama-u.ac.jp」と指定して下さい。

< FFFTPソフトでの設定例 >
FFFTPソフトでの設定例

「public_html」フォルダをホームディレクトリ(/home/***/username)の直下に新規作成し、そのフォルダ内にHTMLファイル等をアップロードして下さい。

< FFFTPソフトでの表示例 >
FFFTPソフトでの表示例

Windows上からホームディレクトリを共有フォルダとしてアクセスする場合

Windows画面左下の[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行(R)...]を選択し、[名前(O):]欄に「\\fs.center.wakayama-u.ac.jp\ユーザ名」と入力します。

ファイル名を指定して実行

サーバ接続中に入力するユーザ名は、「CS\ユーザ名」として下さい。"CS\"を入力しない場合は正しく認証されません。

ユーザ名

「public_html」フォルダをホームディレクトリ(\\fs.center.wakayama-u.ac.jp\ユーザ名)の直下に作成して、そのフォルダ内にHTMLファイル等をコピーして下さい。

ホームディレクトリ