サイトマップ | プライバシーポリシー

UPKIサーバ証明書発行申請

学術情報センターでは、国立情報学研究所(NII)が提供する【UPKI電子証明書発行サービス】の利用参加機関となっていることにより、学内のWebサーバ等へSSLサーバ証明書を無償で発行するサービスを請け負っています。

サーバ証明書とは・・・

Webサイトの身元が本物であることを証明したり、通信内容をSSLにより暗号化するための電子証明書のことです。サーバ証明書を設定したWebページにおいて、https://~ のアドレスにアクセスすると右のような「セキュリティの安全性問題」ページが表示されなくなります。








≪サーバ証明書申請時の注意事項≫

  • 本学の専任教職員が学内で管理するサーバにおいて、実在証明や暗号化通信を必要とする申請です。
  • 提出された申請書について、学術情報センターで発行可能かを審査します。
  • 発行されるサーバ証明書の有効期間は、2年1ヶ月です。


発行手続き

以下にUPKIサーバ証明書の発行手続きについて説明します。基本的な流れは、本サービスの手続き一覧をご参考ください。また、本サービスの規程類もご理解いただき、ご同意いただく必要がございます。

  1. 上記の規程類および「UPKIサーバ証明書発行申請書」をご一読頂き、証明書発行サービスの利用条件を満たせられることをご確認願います。

    PDF Download
    UPKIサーバ証明書発行申請書


  2. サーバ用鍵ペアの生成およびCSRファイルの作成を行います。以下のページから、サーバソフトウェアとバージョンに合うマニュアルをご覧ください。
    ※CSRファイル作成時のDN情報として、[Organization Name]は[Wakayama University]と入力して下さい。
  3. サーバ証明書インストールマニュアル


  4. 「2.」で作成したCSRファイルを元にTSVファイルを作成します。以下のページから、TSVツールの利用方法をご確認ください。
  5. ソフトウェア(TSVツール)


  6. 「1.」の申請書に必要事項を記入し、「3.」で作成したTSVファイル(USBメモリやFDなどに保存)と共にセンター事務室まで直接持参ください。
    センターでは提出された申請書とTSVファイルの確認審査を行います。審査終了後、問題が無ければサーバ証明書発行処理を進めます。

  7. NIIでの処理完了後、サーバ管理者宛に証明書取得URLがメールで通知されます。指定されたURLより、証明書ファイルをダウンロードして下さい。なお、ダウンロードは1回のみですのでご注意願います。

  8. 「1.」のサーバ証明書インストールマニュアル後半部分に従って、ダウンロードした証明書ファイルや中間CA証明書ファイルをインストールして下さい。
  9. サーバ証明書インストールマニュアル